水の教会 Chapel on water

星野リゾート トマム・水の教会 > 安藤忠雄について

安藤忠雄について

安藤忠雄氏の沿革

1941年大阪生まれ。建築家。世界各国を旅した後、独学で建築を学び、
1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。
作品には水の教会をはじめ、教会三部作と言われている光の教会(大阪)、
風の教会(兵庫)がある。
1979年住吉の長屋で建築学会賞を受賞したことで
建築家として一目を置かれる存在に。
以後数多くの世界的な賞を受賞。
2010年には日本の芸術文化の向上にめざましい功績を残したとして
文化勲章を受章している。

「この地に立ち、聖なる空間とは自然と関わるべきものであると思えた。」
はじめてトマムの地に降り立ったときに、そう強く感じた安藤忠雄氏が
自然の超越したちからと教会の原点を見事に結びつけた空間。
随所に見られる「自然との共生」への工夫。
それは、設計というより、演出という方が似合うのかもしれません。

安藤忠雄

風の動きを感じる、水深15cmの水辺。

水辺にふくやわらかな風でさえ、
美しい輪郭で波を描けるように導きだしたのが15cmという深さ。
白樺の森に続く水辺に、風の動きが感じられるようデザインしました。

水面の揺れと光を映す、天井。

水辺に降り注ぐ太陽の光を、屋内でも感じられるよう、
天井のコンクリートを鏡のように磨きあげるひと手間を加えています。
天井に映る光のゆれが空間を美しく演出し、独特の光の表情を浮かびあがらせます。

自然との境界を無にする、開閉式ガラス扉

5m×15mの巨大なガラス窓。それは、視界すべてを雄大な自然で満たすことを可能にしました。
開け放たれたとき、小鳥のさえずりや木々の薫りが屋内に広がり、
全身で自然を感じる空間を創り上げています。

各地のサロン、相談フェアのご案内

氷の教会

氷の教会

挙式プランのご紹介

ウエディングフェア

家族旅コンシェルジュデスク

お電話でのお問い合わせは050-5845-5418 平日:10:00~19:00 土日祝:10:00~18:00 お気軽にお問い合わせ下さい。